放射線技師の求人動向|iDoctor放射線技師

TEL:0120-936-520

放射線技師の求人動向

放射線技師は、医師や歯科医師以外で放射線を扱うことのできる唯一の職種であるため、常に一定以上の需要があります。さらに、近年はマンモグラフィー検査(乳房X線検査)の啓発活動により、マンモグラフィー検査の受診者数が増加しています。それに伴い、女性の放射線技師の需要が高まっています。

放射線技師の就職先の大半は、病院と検診施設です。病院の規模が大きくなればなるほど、専門性を高め、より多くの経験を積むことができる傾向にあるようです。また大規模な医療機関は、最新の医療技術の導入に意欲的に取り組んでいるケースが多く、常に最先端の医療技術を学ぶことができます。

健診施設へ就職された場合、施設内や検診車などで胸部X線やマンモグラフィー検査などを行います。毎日の業務が決められているため、専門性を高めやすい環境といえます。また、ワークライフバランスもすぐれていることが多く、人気の就職先となっています。 病院や検診施設だけではなく、少数派ではありますが民間の医療機器メーカーや研究所への就職されるケースもあります。医療機器開発の第一線に携わることができ、非常にやりがいのある仕事といえるでしょう。

従来の放射線技師の業務はレントゲン撮影が中心でした。しかし検査機器の発達はめざましく、MRIや超音波エコーなど、放射線を利用しない検査についても業務を任されることが多々あるようです。そのため放射線技師は、放射線分野の経験の豊富さだけでなく、扱うことのできる検査機器の多さも重視されることが多いようです。

また前述のとおり、近年は放射線技師においても契約職員やアルバイトが増加しています。資格取得後、就職活動の合間にアルバイトをする方や、家庭と仕事を両立したい女性がパートタイマーとして活躍するケースがよく見られます。最近では不況のあおりを受け、正規職員として医療機関で働きながら、休日にアルバイトとして働く例もあるようです。時給ベースでの働き方は主に若い世代からの人気があり、自分で自由にスケジュールを組むことができるというメリットがあります。

現時点では、放射線技師の有資格者はまだ不足しているといわれていますが、今後は養成機関の充実により、徐々に狭き門となっていくことが予想されます。ただし、検査機器の発達は続いているため、放射線技師に求められる知識とスキルはこれからも高度化し、ますます需要が高まっていくでしょう。豊富な知識と経験を身につけることで、職場でのキャリアアップや好条件での転職につながります。転職の際は、「どのような経験を積むことができるか」「どのようなキャリアを目指したいのか」ということまでしっかり踏まえたうえで、入職先を検討するのが望ましいでしょう。

放射線技師に求められるスキルは徐々に高度化。
放射線技師の詳しい求人動向についてより詳しく知りたい方はこちら!

会員登録してコンサルタントに相談する

転職お役立ち情報

放射線技師の給与相場
放射線技師の気になる給与相場について。
放射線技師の求人動向
求人動向 現在の放射線技師の求人動向について。
放射線技師の職務内容
放射線技師の具体的な仕事内容(新卒向け)
転職成功事例
実際に転職に成功された放射線技師さんのアンケートをご紹介します。
放射線技師の国家資格
放射線技師の国家資格について。
大病院か専門病院か?
放射線技師のキャリアを考える上で、大病院が良いか専門病院が良いかを考えました。