放射線技師の職務内容|iDoctor放射線技師

TEL:0120-936-520

放射線技師の職務内容

放射線技師の職務内容は、医師の指示のもと、放射線を用いた専門的な検査や治療を行うことがメインとなっています。現在、医師と歯科医師以外で人体に放射線を照射できるのは放射線技師のみとなっています。

最近では検査機器の技術革新に伴い、放射線を使用しない検査を任されるケースも多々あり、業務範囲は拡大傾向にあります。放射線を使用する検査として代表的なのは、一般撮影(レントゲン撮影)です。その他にも、乳房検査(マンモグラフィー)、胃透視(マーゲン)検査、CT検査、カテーテル検査、血管内治療、造影検査などがあります。また、放射線による撮影以外にも、核医学(ラジオアイソトープ)検査や放射線治療なども行っています。近年は放射線治療の研究が進み陽子線や重粒子線など、がんの有効な治療法として放射線治療の需要が高まっているほか、乳がんへの関心度の高さからマンモグラフィー受診の推進活動も盛んに実施されています。

また、放射線を使用しない検査には、磁気を利用するMRI検査や、超音波エコー検査などが挙げられます。

医療機関の規模や種類によって、職務内容は少しずつ異なってきます。
中規模~大規模な病院では、幅広い業務を行うことができますし、1つの分野について積極的に専門性を磨くことも大規模病院ならではの検査も学ぶことができます。一般的に規模の大きな病院の方が最新機器導入へのモチベーションが高いことから、必然的に扱える検査機器の幅も広げることができ、転職活動をする際にも有利となります。ただし、24時間体制の病院などでは夜勤や休日出勤もあるため、プライベートとの両立を考えている方はじっくり検討されることをおすすめします。

また、規模の小さな病院や専門の病院・クリニックでは、放射線技師としての業務の幅は狭くなりますが、専門病院でしか学べない検査・知識・読影能力を身につけることができる。また他の職員のアシストを求められる場合もあります。就職先によって求められることも若干異なってきますので、そのあたりも踏まえて転職先を選ばれるといいでしょう。

放射線の照射は、使用方法を誤れば人体に悪影響を及ぼすおそれがあります。また特に近年は放射線被曝に対する不信感や不安・恐怖感が増大傾向にあります。そうした中で、放射線機器を適切に取り扱い、わかりやすく説明し患者さんの不安を少しでも取り除き安心して検査・治療を受けてもらうことが、放射線技師にとって非常に重要な使命であるということが言えます。医療現場に欠かせない放射線のスペシャリストとしてのやりがいは、非常に大きいものであると言えます。

会員登録してコンサルタントに相談する

転職お役立ち情報

放射線技師の給与相場
放射線技師の気になる給与相場について。
放射線技師の求人動向
求人動向 現在の放射線技師の求人動向について。
放射線技師の職務内容
放射線技師の具体的な仕事内容(新卒向け)
転職成功事例
実際に転職に成功された放射線技師さんのアンケートをご紹介します。
放射線技師の国家資格
放射線技師の国家資格について。
大病院か専門病院か?
放射線技師のキャリアを考える上で、大病院が良いか専門病院が良いかを考えました。